所長ブログ

資金繰のよくある勘違い

単純に利益が出ればそれだけ 現金が増えることになります 例えば70万円で仕入れた商品を 100万円で販売できれば 30万円の利益が増えます その分現金も30万円増えることになりますが 実際に現金が増えるのは実入金があった後です  社長さんが時々見ている「試算表」は主に「損益計算書」が中心になりますが 損益計算書では売上や仕入は発生した時点で計上されます 極端に言うと 仕入(実出金)の支払が来月 売上(実入金)の回収が来月でも 今月「売上」や「仕入」が発生し「利益」も30万円発生します 何も実出金や実入金が無くても 利益が30万円発生します 利益の分の現金は増えている⁉ よくよく考えれば 間違えることはありませんが 損益計算書を見て 勘違いをしている社長さんは結構多いですので 数字のマジックには気を付けて資金繰りは行いましょう。

こうすればもっと良くなる社長の経営№9

ヒューマンサポートオフィス所長ブログ | 行政書士ヒューマンサポートオフィス (soudan-aite.net)

タグ: , , , , , , ,

soudan-aite 2022年6月21日10:08 AM0件のコメント

コメント

コメントはありません

コメントの投稿

初回相談無料

当事務所では法人や個人事業のコンサル業務と
相続関連業務を取り扱っております。

TEL098-859-0579

お問い合せ・ご依頼はコチラから!!