所長ブログ

7-38-55の法則

人のコミニュケーションは言語7%・語調38%・身振55%、それぞれの割合がになっている。
この割合に違和感がある場合、相手が受ける印象が違ってくると云う内容の法則で「メラビアン」の法則とも呼ばれています。

人のコミニュケーションは、話す言葉や口調よりも、身振りなど非言語的伝達の方が、大きな影響力をもつようです。
相手に充分に伝えたいときは、言葉をえらぶのではなく、ジェスチャーを選んで伝えた方が伝わらりやすことになるのでしょうか⁈

交渉事には役立てるように、日頃から使いなれるのが一番ですね。
何か外国人にはそう云う印象がありますね。

タグ: , , , ,

soudan-aite 2020年6月3日2:28 PM0件のコメント

コメント

コメントはありません

コメントの投稿

初回相談無料

当事務所では法人や個人事業のコンサル業務と
相続関連業務を取り扱っております。

TEL098-859-0579

お問い合せ・ご依頼はコチラから!!