所長ブログ

責任

ある社長さんからの質問です。「社内で販売キャンペーンを実施したが、残念ながら効果がなかった少額であるが費用の持出し分が赤字となった」そのことについて、社内で残念だったと云う雰囲気にはなったが誰も総括しようともしない、結果について責任を自覚した発言がみられなかった、結果責任は全て社長ですか?
このキャンペーンも、自分が命じたので責任があると云えば私にもなんですが釈然としません…..。

まず、従業員として働く場合には中々責任を考えることが無いと思います。例えば今回のキャンペーンを命じた部長にしても、社長から言われたのでやった感が拭えません。その部下も上から言われたからが理由になります。
普段から責任の所在を明確にしておくことが大切だと思います。顧客に対しては担当者が責任をもって対応し
クレーム等は都度、上長に報告し同行して謝罪するとか、ざわつくようになったら部長も対応する等の有事の対応方法等を決めて、運用していくことが「責任」を植え付けることになっていきます。

あと、普段から業務の顛末を、会議や上司に対して、説明するような仕組みにすることで「結果」について意識するようにもなりますので効果的だと思います。「責任」や「結果」を考えやすくするような方法を取入れれば自然と「結果責任」が見につくと思います。

最後に、従業員への責任、お客様への責任、株主への責任、社会への責任は、全て社長の責任です。
無論、結果責任も社長です。会社全体で責任を負担することができれば、より良い会社になっていきます。

タグ: , , , , ,

soudan-aite 2020年3月10日4:48 PM0件のコメント

コメント

コメントはありません

コメントの投稿

初回相談無料

当事務所では法人や個人事業のコンサル業務と
相続関連業務を取り扱っております。

TEL098-859-0579

お問い合せ・ご依頼はコチラから!!