所長ブログ

財産が無いから遺言書も何も要らないよ?

自分は借家住まいで不動産もないし、預金も無いから葬式も無しでも構わない 遺言できる身分じゃないよって言われる方がいました。
それでは借金はありませんか?借金も相続されるんですよ「え~まさか」何も知らないで相続すると負債も相続されます。
相続人は資産を探しますが、負債については殆どの人は探しません。関係がないからと思ってる方も多いようです。

相続については原則、自分に相続があることを知ってから3ヵ月(死んでから3ヵ月ではありません。あくまでも了知してからです。)以内になんらかの意思表示をしないと単純承認(資産も負債も引継ぐ)したとみなされ、相続することになります。
遺言書でなくても、自分にはいくら借金がある、少ないけど資産もある等、明確に数字を残すことによって遺族が大変に助かります。
もし資産より負債が大きければ相続放棄もできます。そして手続は煩雑になりますが 資産から負債を引たプラス部分を相続をする。
限定承認の制度もあります。自らの資産・負債状況を日頃から家族に知ってもらうことも肝要です。何も要らないってことはありませんね。

タグ: , , , ,

soudan-aite 2020年1月17日10:49 AM0件のコメント

コメント

コメントはありません

コメントの投稿

初回相談無料

当事務所では法人や個人事業のコンサル業務と
相続関連業務を取り扱っております。

TEL098-859-0579

お問い合せ・ご依頼はコチラから!!