所長ブログ

要因には2つある

コンサル先の社長さんは、コロナ禍もあって経営スタイル等を改善する必要があるのか、そのままでいいのか、悩むそうです。
確かに改善が図れて、現状より良くなるにこしたことはありません。またコロナ禍だから将来を、見据える必要がありますが、過度に捉えてしまい、施策がとれないことになれば本末転倒です。

改善を考える場合は「外的要因」と「内的要因」から、アプローチすることをおススメしています。

外的要因については自社でコントロールできるモノではありません。
ですので、環境に対応できていれば、現状でOKです。コロナだから対応できないの話は無関係です。コロナでも対応出来る、ことから考えて下さいとアドバイス。

内的要因は自社で管理出来ます。
取組次第で、強い会社にも、弱い会社にもなります。自社の弱点を補うか、強い点を伸ばすことにより改善されます。
何故、売上が低下しているのか、利益が減少しているのか資金繰りが窮屈になったか、精神論でなく冷静な分析をしていくことが改善の第一歩です。

タグ: , , ,

soudan-aite 2020年6月26日2:37 PM0件のコメント

コメント

コメントはありません

コメントの投稿

初回相談無料

当事務所では法人や個人事業のコンサル業務と
相続関連業務を取り扱っております。

TEL098-859-0579

お問い合せ・ご依頼はコチラから!!