所長ブログ

家族信託、受託者の実務

家族信託された不動産の場合

委託者・受益者、父、受託者、息子、一般的な自益信託

善管注意義務が発生

善良なる管理者としての注意義務が発生し、業務を委任されて人の職業や専門家としての能力や社会的地位に見合った、期待される注意義務を履行することになる。
不動産の場合は、その価値を下落させないように修繕したり、周囲に迷惑をかけてないか等確認することが求められます。

受託者の記録義務

信託財産に関する、書類や記録の作成義務があります。(損益計算書や貸借対照表の作成義務)

日常の信託事務の記録

日々の収支表の記録や事務の実施記録。(修繕、入居者との交渉、備品購入等)

タグ: , , ,

soudan-aite 2020年4月24日5:47 PM0件のコメント

コメント

コメントはありません

コメントの投稿

初回相談無料

当事務所では法人や個人事業のコンサル業務と
相続関連業務を取り扱っております。

TEL098-859-0579

お問い合せ・ご依頼はコチラから!!