所長ブログ

伝えたは相手が理解してこそ

ドラッカーは云っています「コミニュケーションを成立させるのは受け手である」と 自分のアイデアがどんなに素晴らしいものでも 一度で伝わることばかりではありません  そんな時には「自分の工夫が足りない」と考えて何度も根気よく説明を続けることです コミニュケーションは相手が理解してからこそ成立するものなのです 発信しても伝わらなければ意味がありません 受け手の理解を考え 常に発信する努力が求められます。

タグ: , , ,

soudan-aite 2021年2月5日8:45 AM0件のコメント

コメント

コメントはありません

コメントの投稿

初回相談無料

当事務所では法人や個人事業のコンサル業務と
相続関連業務を取り扱っております。

TEL098-859-0579

お問い合せ・ご依頼はコチラから!!