所長ブログ

チャンス(機会)についてドラッカーは

ドラッカーは、新しい機会について「もし完全に失敗した時に、起こりうる最悪の事態は何か、我社は破滅するのか、永久にハンディを負うことになるかを問わなければならない」としている。
「負えるリスク」か「負えないリスク」かを検討して見極める必要があると云っています、この時に機会を追うことによって致命傷になるのであれば追ってはいけない、そもそもそれは、機会とは呼ばないとしています。
従って機会の追及に失敗しても、最少の資金と労力を失う程度であれば「負えるリスク」であり致命傷になるのであれば「負えないリスク」であるとしています。

事業にはリスクが付き物です、またリスクを取らなければ事業は進展しません、見極める力の実践力が鍵になりそうです。

タグ: , , , ,

soudan-aite 2020年2月18日4:12 PM0件のコメント

コメント

コメントはありません

コメントの投稿

初回相談無料

当事務所では法人や個人事業のコンサル業務と
相続関連業務を取り扱っております。

TEL098-859-0579

お問い合せ・ご依頼はコチラから!!