経営や社内の「困った」の身近な相談相手になります

プチ・起業の種類と注意すべきこと

【プロダクト系】モノを仕入れたり作ったりして売る

アクセサリーや雑貨などを作ったり家電製品や衣料品を仕入れたりしてアマゾンやメルカリや他のサイトを使って販売するのもプチ・起業に合っています。

自前のネットショップを作らなくてもヤフオクなどでも販売できるのもメリットです。

【スキル系】自分が得意とするスキルを提供する

タイムチケット ココナラ等のサイトを使って占いやお悩み相談デザインなど自分にできて誰かにできないことならプチ・起業にむいています。

初期設定やサービスの解説ページを公開すれば日々の活動はスマホでやりとりが可能です。

【ノウハウ系】自分の知識や経験を動画やセミナーで売る

販売サイトなどをつかいノウハウを解説したPDFや動画を販売できれば理想的なプチ・起業が可能です。

オンライン上で自動的にも売れていきます。
対面でのセミナーも人気があり対面でのセミナーを動画にして販売もすれば収益も倍増します。

【スペース系】イベントや勉強会やマッチングのコミュニティを提供する

顔を合わせる勉強会を開催したり、オンラインサロン、マッチングサイトの運営まで持っていければ日々の仕事はスマホでできる部分も多くなります。

アニアやファンが多いジャンルの趣味がある方ならチャレンジしてみると面白いかもしれません。

プチ・起業を始める際の注意点

サラリーマンは就業規則や副業規定に気を付ける‼

会社によっては、就業規則副業が禁止されている場合があります。就業規則違反をした場合の罰則は会社によって違います。

副業がバレてしまうと何かと面倒なことになります。

事前に就業規則を調べたり、就業規則の運用の変更が可能か願い出たり、根回しをしておきましょう。

売上-(経費+控除)=20万円以上は確定申告が必要‼

「売上-経費+控除」の合計額が所得になります年間で20万円以上ある場合、確定申告が必要です。

収入が増えると所得税住民税も高くなります。プチ・起業でどれくらいの「所得」になりそうか想定して準備をする必要があります。

申告をする場合は、帳簿の作成も義務付けられます。規模が大きくなれば「経理」業務も複雑になります。会計ソフトの活用やアドバイスしてくれる人や専門家を見つけておくことも必要です。

「開業届」の提出を考える‼

先述した年間所得が20万円を超えそうな計画や見通しである場合は「開業届」の提出を考えましょう。
提出先は事業所の所在地の税務署です。

開業から1か月以内の提出が必要です。提出のメリットは「青色申告」や商号で銀行口座が作成できます。

プチ・起業のお悩みや困ったときはお気軽にご連絡下さい

お悩み ご相談 受付中

あなたの状況に合ったサポートをします‼

  • サラリーマンをしながら両立したいのでアドバイスがほしい
  • プチ・起業に興味があるが何を取扱ったらいいか分からない
  • 帳簿経理のことが心配で不安でありスタート出来ずにいる
  • プチ・起業が軌道に乗ったので借入をして規模を拡げたい
  • 気軽に相談できる人がいなくて困っている
  • 規模が大きくなったので法人化を考えている
  • 今のアイデアでいいか一緒に考えて欲しい
  • スタートするにあたりもっと話を聞いてみたい
  • 給料が少ないので「副収入」として考えている
  • Wワークの一つとして考えたい
  • 失敗するのが怖くて踏み出せない

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

初回相談無料

当事務所では法人や個人事業のコンサル業務と
相続関連業務を取り扱っております。

TEL098-859-0579

お問い合せ・ご依頼はコチラから!!