行政書士ヒューマンサポートオフィス所長ブログ

>2月>2021

チームには信頼と理解を

チームは一夜にして成らず チームは相互信頼と相互理解で出来ているとドラッカーは云っています 良きチームには突出した人材よりも 不安や恥ずかしを感じることなく リスクある行動が合出来ることや 互いに信頼して仕事を任せることができるといった要素が不可欠です そのためには どうしても時間がかかるということを知ることも 大切になってきます 何よりもチームには信頼と理解をです。

2021年2月26日11:30 AM

前提の中で最善を尽くす

「もっと会社の知名度があれば」「もう少し予算があったら」「もっと〇〇なら」とか現実にはないものねだりのケースが殆どです ですので「前提の中でいかに成果をあげるか」が問われることになります ドラッカーは云っています 「社員でも管理職でも経営者でも 前提条件は中々変えられない 前提の中で最善を尽くすことが何より大切である」と 前提はそのままに 自分の見方を変えたり 自分の見方が正しいのか 相手から教えて貰うことで あらゆる方法を見つけていけば可能性は拡がります 今置かれている環境で最善を尽くすです。

2021年2月23日1:26 PM

喧嘩もチームワーク

「成果が何も無ければ 温かな会話や感情も無意味である 取り繕いに過ぎないのである」とドラッカーは云っています 誰にとっても穏やかな職場は理想ですが そこから成果をあげていくためには みんなが遠慮なく言いたい事を言える 時にぶつかり しかし お互いを尊重し合う風土が必要なってきます 喧嘩もチームワークと捉えて いい環境の熟成に 個人が他人事と思わず全員で関与していき いいチームを作っていくことが 成果をあげる一歩です。

2021年2月16日12:32 PM

何よりも真摯な態度から

真摯さよりも 頭の良さを重視する者を マネジャー(管理者)に任命してはならない とドラッカーは云っています 成果をあげるには 頭の良さも必要ですが仕事に対する真摯さ 誠実さが欠けていれば「人として未熟」であり その未熟さを克服しない限り 本当の成長も望めないものです 何よりも真摯な態度からはじまるのではないでしょうか。

 

2021年2月12日8:58 AM

全会一致は危険信号?

「会議で警戒すべきは 提案に対して皆が 一斉に賛成すること」とドラッカーは云っています 全会一致の時は敢えて 決定を先延ばしにしていたようです 何故なら 正しい決定の為には 意見の不一致が必要で 意見の対立があるからこそ 問題やリスクを防ぐ事ができるし 代案を出せるし 皆の想像力が引き出せるからです 「異論が無ければ 異論を見逃している」 全会一致は危険信号であると心得よと ドラッカーは警告しています 皆様の会議は如何でしょうか。 

2021年2月9日8:55 AM

伝えたは相手が理解してこそ

ドラッカーは云っています「コミニュケーションを成立させるのは受け手である」と 自分のアイデアがどんなに素晴らしいものでも 一度で伝わることばかりではありません  そんな時には「自分の工夫が足りない」と考えて何度も根気よく説明を続けることです コミニュケーションは相手が理解してからこそ成立するものなのです 発信しても伝わらなければ意味がありません 受け手の理解を考え 常に発信する努力が求められます。

2021年2月5日8:45 AM

小さな強みを大きな強みへ

「我々は 我々自身 我々の仲間 我々の周囲に存在する 小さな強みに対して感謝しよう」とドラッカーは云っています 我々の周りには大きくなくとも「小さな強み」を持つ人が沢山います そんな小さな強みに感謝して みんなの力と知恵を動員して進めば 案外大きな成果をあげることができます 小さな強みを集め「大きな強み」に変えていくことが成長に繋がっていきます。

2021年2月2日8:41 AM