所長ブログ

遺言書、相続について

相続とは、亡くなった人(被相続人)の権利や義務を引継ぐことです。
それを引継いだ人や引継ぐ権利のある人を、相続人といいます。

配偶者は常に相続人です。(夫⇒妻、妻⇒夫)
第一順位は子、子がない場合は直系尊属(親)、子も親もない場合は(兄弟姉妹)

例えば、夫婦と子(長男、次男)2名の相続で、お父さんが亡くなった場合、相続人はお母さん、長男、次男ですが、長男が既に亡くなり子供(お母さんにとって孫)のいる場合、孫が長男に代わって相続します。
これを「代襲相続」といいます。

タグ: , ,

soudan-aite 2020年4月9日5:38 PM0件のコメント

コメント

コメントはありません

コメントの投稿

初回相談無料

当事務所では法人や個人事業のコンサル業務と
相続関連業務を取り扱っております。

TEL098-859-0579

お問い合せ・ご依頼はコチラから!!