お客様の声

消耗品費と事務用品費はどちらかを使用

「消耗品費」は国税庁HPの確定申告書フォームに最初から記載されています 一方の「事務用品費」は会計ソフト等に最初から記載されていますので 両方を使っている会社や事業所は多いです しかし 両方の科目は内容が似た科目であり どっちがどっち⁉の状態になっている場合があります

例えば コピー用紙はどちらでも計上できます よくよく調べてみると 今期は消耗品費で計上した 前期は事務用品費で計上したなど 決算書の一貫性・信憑性も揺らぎます こうやって どちらにも計上できるモノはプリンターのトナー 乾電池 ラベラー パソコンのマウス等数多くあります

 これはどっち?と悩む時間も勿体無い 一貫性・信憑性にも関わりますので 両科目を併用するのではなく どちらか一つにすれば 悩むことも無く 時間をかけることも無くスッキリします 決算期の途中であれば 翌期からは どちらか一方にまとめることをおススメしています。

こうすればもっと良くなる社長の経営№14

ヒューマンサポートオフィス所長ブログ | 行政書士ヒューマンサポートオフィス (soudan-aite.net)