所長ブログ

必要な報告・手続か見極める

報告・手続は本来 時間や労力を節約する為に使うべきものです  誤った使い方をされる時 手段ではなく「支配者」となり かえって仕事の効率を低下させてしまいます 「あらゆる企業が 報告・手続のすべてについて 本当に必要かどうかを定期的に検討する必要がある」とドラッカーは云っています それを求める者が 権限者になれば 義務になり 時間や労力は支配され 生産的な方向には進まず ムダになります ムダは成長の足枷にしか過ぎません その手続。報告が必要か 定期的に検証することが大切になってきます。 

タグ: , ,

soudan-aite 2020年9月11日3:09 PM0件のコメント

コメント

コメントはありません

コメントの投稿

初回相談無料

当事務所では法人や個人事業のコンサル業務と
相続関連業務を取り扱っております。

TEL098-859-0579

お問い合せ・ご依頼はコチラから!!