所長ブログ

尊厳死の概念

延命のための人工的な、生命維持手段が開発され、人工呼吸器や点滴鼻孔チューブからの栄養補給によって生命の延長が可能になった反面として、回復見込みが無くなったあとまで無益な延命を続けることが、かえって患者の尊厳を害することになるのではないかという、問題が広く世間に伝わり理解されるようになった概念です。

「実際に行われている尊厳死の5つ」
胃ろうの中止
中心静脈栄養法などの点滴の停止
人工透析の中止
人工呼吸器を外す
抗がん剤投与中止

法制化も難しいですが、何よりも患者の意思に沿った治療であってほしいと思います。

タグ: , , , , , , ,

soudan-aite 2020年3月18日4:51 PM0件のコメント

コメント

コメントはありません

コメントの投稿

初回相談無料

当事務所では法人や個人事業のコンサル業務と
相続関連業務を取り扱っております。

TEL098-859-0579

お問い合せ・ご依頼はコチラから!!