お客様の声

尊厳死と安楽死の違い

尊厳死とは、不治で末期に至った患者が、本人の意思に基づいて、死期を単に引き延ばすための延命治療
を断り、自然の経過のまま受け入れる死のこととされています。
一方、安楽死は回復の見込みがなく、苦痛の激しい末期傷病者に対して、本人の意思に基づき、薬物を投与
するなどして人為的に死を迎えさすこと。

安楽死が患者の「苦痛からの解放」の目的として、薬物などによって人為的に死をもたらすもので「積極的安楽死」と呼ばれるのに対して、尊厳死は「人間の尊厳を保って自然に死にたい」という患者の希望を叶えることを目的として人工的な延命措置をやめて自然な死を迎える「消極的安楽死」と呼ばれています。
このように「何が目的」であるのかと「どのように死を迎える」かが違いますので注意してほしいものです。