所長ブログ

不動産の多い方は遺言書はおススメです

遺産相続の分配で、一番に揉めるのが土地や建物です。
現金と違い簡単に分割することが難しいからです。

遺言書で財産の指定が無い場合は分割協議をすることになります。
自宅を長男に守ってもらい、代々と引継いでもらいたい場合などは、遺言書で指定する方法が一番です。

そうでなければ自宅を売却し、それぞれが代金を分割で受け取った方が、相続も楽に終わります。
相続人の都合がいいからです。

またアパートを相続する場合、兄弟で共有名義にして相続した場合は、売却等は全員の一致が必要です。
兄弟だけなら話もまとまりますが、兄弟が亡くなり、甥や姪との交渉は世代も価値観も違うことから簡単ではありません。

不動産は遺言書で指定がおススメです。

タグ: , , , ,

soudan-aite 2020年5月21日2:24 PM0件のコメント

コメント

コメントはありません

コメントの投稿

初回相談無料

当事務所では法人や個人事業のコンサル業務と
相続関連業務を取り扱っております。

TEL098-859-0579

お問い合せ・ご依頼はコチラから!!