所長ブログ

イエスマンを排する

ある社長のぼやきです、「ウチの会社の幹部が頼りない」。
社長は会社の全体を把握しています。経理も営業も製造も全部です。それは当然です、それが仕事だからです。全体を見ることが出来なければ、経営はできませんから。
幹部の方はどうでしょう、経理部長は経理だけ、営業部長は営業だけになっていることが多いです。
そうすると、社長のような経営目線になりたくてもなれません。頼りないと思われても困りますって話です。

よくよく伺うと、経営の重要事項は、幹部の意見は参考にするが全部、社長が決めているとのこと。
社長、これをワンマンって言うんですよとアドバイスすると、幹部の誰もがこの会社を作ってきたのは社長だから社長が会社や業界のことを一番良く知っているから、判断には間違えがないと思うと口出しするなとか一切言ってもいないし、同調する意見が多く、ワンマンと言われるのは心外であると。

確かに、社長の性格は強気な感じはなく柔和で、ワンマンと云う印象もないのですが結果的にワンマン経営になっています。更にワンマン社長に典型的な幹部も結果的にイエスマン化しています。
社長が恐怖政治を敷いて意見が言えないイエスマンでなく、社長に任せればいいと責任転嫁のイエスマンになっています。ワンマン企業の特徴は後継者も居ないことです。このことも結果的に「ウチの幹部が頼りない」に繋がっています。

社長の人の好さが結果的にワンマン経営化した原因です。まず幹部には、その部門だけでなく会社全体を把握してもらう。そして経営の重要事項は幹部を集めて決定する。例え社長が決めても全体で決めた、幹部も関与とした、その感覚を共有する、こういった機能を持たせる会議やミーティングを開催すること。

そして何よりも、先に行うのはイエスマンを排すること。急に意見を出せと言っても難しいものです。
ただ、普段から意見を求めれば、考える習慣がつきます。幹部がイエスマンならその部下もイエスマン化しています。会社は社員の意見具申も取入れなければ必ず崩壊しますと、アドバイスしました。
見るからに強引なワンマン社長のワンマン経営はよく見聞きしますが、柔和な方でも結果的にワンマン経営になることもあるんだなぁと勉強ななりました。会社も色々、社長も色々ですね。

タグ: , , , ,

soudan-aite 2020年3月24日4:53 PM0件のコメント

コメント

コメントはありません

コメントの投稿

初回相談無料

当事務所では法人や個人事業のコンサル業務と
相続関連業務を取り扱っております。

TEL098-859-0579

お問い合せ・ご依頼はコチラから!!